グルメ・食材

真空調理と低温調理の違いとは?話題の調理方法のメリットを解説します

1papa

イチパパ(@1papa_life)です。今回は「真空調理と低温調理の違いと調理方法のメリット部分」についてまとめていきます。

最近「真空調理」「低温調理」などの調理方法をよく耳にします。

この2つの調理方法の違いっていまいちよく分かりませんが、調理することでのメリットがたくさんあるみたいです。

今回は、真空調理と低温調理の違いと調理方法のメリット部分を解説します。

ローストビーフも簡単に作れる調理器
\アイリスオーヤマ スリム低温調理器/

真空調理と低温調理の違い

真空調理とは、生または下処理した食材を調味料と一緒に袋に入れて空気を抜き、湯せんや業務用のスチームコンベクションオーブンで加熱する調理方法です。

最近話題になっている「低温調理」は、真空調理の「低温で加熱する」ことからきた呼び名で、実際には真空調理とほぼ同じものです。

それぞれの呼び方の違いに定義はなく、呼び分けられているのは調理の目的によるものと考えられます。

低温で調理する目的は?

低温で調理する目的は、おもに高温で加熱するとかたくなりやすい肉をやわらかく仕上げるためです。

調理は、たんぱく質の特性と衛生面を考慮した温度と時間で加熱するようになっています。

真空調理は、低温調理に加えて空気を抜くことでたくさんのメリットがあります。

真空にするメリットは?

空気を抜き真空にして調理をすることには多くのメリット部分があります。

真空調理のメリット
  • 参加しないためきれいな色を保つことができる
  • 煮崩れしにくい
  • 袋の内外で圧力が違うため調味料が浸透しやすい
  • 調味料が少なくてすむ
  • 適切な温度と時間で調理することにより保存期間を延長できる

真空調理には特別な機械が必要なので、加熱も適切な温度管理が求められるため、家庭ではあまり用いられません。

ちなみに、外食チェーン店などでは「セントラルキッチン」と呼ばれるところでまとめて真空調理を行い、それを各店舗に運んで注文が入るたびに低温に加熱し直して提供することがよく行われます。

真空調理は安い値段でおいしいものがお店で食べられる仕組みのひとつとして知っておきたい調理法です。

おすすめ低温調理器を紹介

いろいろなメーカーが販売している低温調理器を紹介します。

アイリスオーヤマ スリム低温調理器

スロークッカー 低温調理器

Kocokara 低温調理器

エンペラータマリン 低温調理器

サンコー 低温調理器

真空調理と低温調理の違いとは?話題の調理方法のメリットを解説します|まとめ

今回は、真空調理と低温調理の違いについてまとめました。

最近では、家庭で低温調理が簡単に行えるような調理機器が販売されています。

調理方法も簡単なので、興味がある方は挑戦されてみてください。

ローストビーフも簡単に作れる調理器
\アイリスオーヤマ スリム低温調理器/

ABOUT ME
イチパパ
イチパパ
⇦アイコンをクリックするとプロフィールに飛びます。
「人生を楽しむ」をモットーに気になったことをブログにまとめています。
記事URLをコピーしました